ストレスでAGAを発症させないために!知っておきたい薄毛との関係

ストレスは万病の元であり薄毛についても例外ではありません。AGAで悩んでいる人にはストレスと薄毛の関係が気にならない人はいないと思います。

男性がストレスを受けると男性ホルモンの分泌は減ると言われます。それなら、男性ホルモンが原因であるAGAはひょっとして改善されるのではないかと考えたくなりますが、実際はどうなのでしょうか?

ストレスでAGAになるのか?

女性はストレスで男性ホルモンが増えるという話もありますが、男性の場合はストレスを受けると男性ホルモンが減ります。
いずれにしてもホルモンのバランスが崩れるということでしょう。
ではストレスを受けて男性ホルモンが減った男性はAGAになるのでしょうか。
実は、ストレスとAGAには直接の関係はないと考えられます。
AGAの正式名称 androgenetic alopecia は男性ホルモンによる脱毛症を表しており、男性ホルモンの分泌が過剰だと起こるリスクが増えます。
よって、ストレスで男性ホルモンが減ることが直接AGAの原因になることはありません。
しかし、それでは薄毛の進行を防ぐためにはストレスのことを考える必要はないのかというと、そういうわけでもないのです。
ストレスフルな生活を続けていると、AGAで髪の毛が薄くなった状態がさらに悪化する恐れがあります。

ストレスは薄毛を悪化させる

ストレスを感じると自律神経のうち交感神経の働きが優位になります。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、副交感神経はリラックスしている時に、交感神経は活発に活動している時や緊張している時に働きます。
ストレスで交感神経が優位になるのは理にかなったことです。
しかしここで問題になるのは、交感神経が活発化すると血管が収縮し、毛髪への栄養の供給が減ってしまうことです。
一時的なことならいいのですが、常にストレスを受けて血管が収縮している状態では髪の成長に悪いのは明らかです。
ストレスで睡眠不足になることも髪の成長にはマイナスです。
睡眠中には髪の成長を促す成長ホルモンが分泌されるため、十分な睡眠をとらなければ髪の毛も十分に成長できないのです。
もう1つ言いますと、ストレスによって喫煙量が増えている人も要注意です。
髪に必要なビタミンCなどの栄養を消費し、血管を収縮させるニコチンを含むため、煙草は髪に悪い影響を与えます。
直接の原因にならないとはいえ、ストレスはAGAで進んだ薄毛を一層悪化させると言えるでしょう。
また、AGAではありませんが、ストレスは円形脱毛症のリスクを高めるという意味でも髪によくありません。

ストレスによる男性ホルモン減少の問題

男性ホルモンはAGAの原因ではありますが基本的に悪いものではありません。
それどころか人の健康にとってとても重要な多くの役割を担っています。
そのうち1つが血管を健康に保つ作用です。
血管が劣化すると当然血行も悪くなり髪へ届く栄養が減ってしまいます。
男性ホルモンは少なければいいというものではなく、ホルモンのバランスがとれていることが大事だと考えられます。
さらに、男性ホルモンが減ると疲れやすくなったり、性欲がなくなったり、筋肉が落ちたり、記憶力や集中力が低下したりという様々な悪影響が出ます。
直接の関係はないものの、こうしたことがどのように髪の健康に関わっているか分かりません。
そういう意味でも、ストレスで男性ホルモンの分泌が不自然に減ることは、毛髪にとっていいことだとは言えないでしょう。

まとめ

ストレスとAGAには直接の関係はありませんし、ストレスと薄毛の関係にはまだはっきりしないことも多いようです。しかし、交感神経を活発化して血行を悪化させることは、ストレスが髪に与える悪影響であると言えます。

AGAで薄くなった髪がさらに薄くなり再生するのも難しくなるかもしれません。ストレスの少ない生活を心がけることは、毛髪を含む心身の健康のためにきっとプラスになるでしょう。