AGAが悪化する頭皮トラブルと原因をチェック!薄毛・頭髪にこんな悪影響が・・・

頭皮のトラブルはAGAの薄毛をますます悪化させてしまいます。髪の毛が頭皮から生えている以上、薄毛を防止するためには頭皮の良好なコンディションを維持することがどうしても必要です。トラブルがあったら放置せず速やかに対応するべきです。

AGAに直結する頭皮トラブル

薄毛を招く頭皮のトラブルは1種類ではありませんが、共通することは、頭皮へのダメージを抑えて衛生的に保つのが重要だということです。自分が髪に悪いことをしている自覚があるのなら、一度そのことについて考え直してみてもいいでしょう。

頭皮の衛生、不衛生は薄毛のもと

頭皮を清潔に保つことは薄毛予防の第一です。
頭皮に限らず、体を清潔に保つことは皮膚に関わる症状を改善する基本だと言えるでしょう。特に問題となることが多いのは、過剰に分泌された皮脂で毛穴が詰まることです。
毛穴が詰まるとそこで雑菌が繁殖し、炎症が起こり、脱毛につながる場合があります。皮脂が多いと頭皮にニキビができる場合もあります。
これを防ぐためには毎日髪を洗って頭皮をきれいにしておきましょう。ただし、洗髪の回数が多すぎたりあまり力を入れて洗いすぎたりすると、頭皮にダメージを与えて逆効果になる場合があります。

ただし、洗い過ぎには注意!

ただし、洗い過ぎが皮脂の分泌過剰を招く場合もあるそうです。普通に洗うくらいがちょうどいいでしょう。
また、油っこい物、甘い物、刺激の強い物を食べることも皮脂の分泌を増やすと考えられています。皮脂が多い人はこれらの食べ物を控えるのも有効です。

乾燥するのもダメ

皮脂を取り除けば万事問題なし!とはいかないのが頭髪ケアの難しいところかもしれません。実は皮脂が少なすぎても頭皮が乾燥してしまい、抜け毛の原因になるのです。

皮脂は頭皮の汚れになる悪いものというイメージがありますが、皮脂だって意味もなく分泌されているわけではありません。
適度な皮脂は雑菌や乾燥や物理的なダメージから頭皮を守ってくれるありがたいものなのです。
これがなくなると雑菌が繁殖して、頭皮が炎症を起こします。
こうなると髪が弱ったり抜けてしまったりする場合があるのです。さらに頭皮が乾燥するとフケも増えるため、それで毛穴が塞がってやはり雑菌が増える原因になります。

頭皮が乾くと頭が痒くなるために何度も掻いてしまい、一層状態が悪くなるという悪循環にも注意が必要です。自分は掻いたつもりがないのに寝ている間に掻いてしまっていることもあります。
また頭皮が乾燥してダメージが蓄積すると、皮膚の柔軟性が損なわれて血行が悪化します。
すると、髪に栄養がいかなくなり髪の毛の成長に悪影響を及ぼします。
頭皮を乾燥させないためには、上に述べたように過度な洗髪は控えてください。冬は皮膚が乾燥しやすいため特に注意しましょう。

薬剤や化学物質による頭皮のトラブルも

頭を洗いすぎた結果頭皮が乾燥してしまうのは、頭皮への思いやり故に起こったトラブルです。それと比べると、カラーリングやブリーチは頭皮や髪に対してはなから思いやりに欠ける行為だと思われます。実際そのとおりで、こうしたことはトラブルの元になります。頭皮より上に生えている髪だけに影響があるならまだいいでしょう。

しかし、これらは頭皮にもダメージを与えて炎症を起こし毛根までいためます。もちろん脱毛や薄毛につながることもあります。可能ならば、なるべく薬剤が頭皮にはつかないようにやるといいでしょう。

そして、案外見過ごされていそうな問題がシャンプーやリンス、コンディショナーのすすぎ残しです。これらも頭皮にダメージを与える化学物質であることには違いありません。

しっかり洗い流すのが面倒臭いとか、シャンプーが頭に残ることなんて考えもしなかったということもあるでしょう。
ですが、頭皮のトラブルを防ぐためには頭を洗った後にしっかりすすぐことが大事です。

まとめ

頭皮のトラブルを防ぐことは薄毛の予防や治療には欠かせません。
そんなことでAGAが進行したらたまったものではありませんね。
定期的に頭を洗うことは言うまでもないでしょう。
しかし、洗いすぎると必要な皮脂まで落としてしまうのでこれもよくありません。
カラーリングやブリーチに使う薬品も頭皮に悪いです。
頭皮をいたわり、ほどほどにケアことでトラブルを防ぐことができます。