AGAは体毛が濃いとなりやすい?男性ホルモンが治療のカギなのです

「体毛が濃いとAGAにもなりやすい」という話を知ってますか?
薄毛で悩んでいたり薄毛の治療を考えていたりする人には無視のできない話です。確かにまわりを見ていても、体毛は濃いのに頭は薄い人がいますよね。。

AGAは男性ホルモンによって起こる薄毛のことですから、確かに男性ホルモンは薄毛に関与しています。
ですが、体毛が濃いというだけでその人は実際にAGAになってしまうのでしょうか?

体毛の濃さのAGAの関係

体毛の濃い人は男性ホルモンが多いので薄毛になりやすいという話がありますが、本当なのでしょうか。
まず、男性ホルモンが多い人は確かに一部の体毛が濃くなる傾向があります。
ひげ、胸毛、背中の毛などがそうです。
AGAは男性ホルモンのジヒドロテストステロンが引き起こすものですから、男性ホルモンが多いと薄毛のリスクは高くなります。
しかし薄毛には男性ホルモン以外にも様々なものが関わっています。
例えば、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換する5αリダクターゼ、この変換を阻害する性ホルモン結合グロブリン、男性ホルモン受容体などがあります。
さらに、生活習慣もAGAに影響を及ぼします。
これら全てが薄毛に関わっているため、男性ホルモンが多いからといって誰もが薄毛になるとは限りません。
結論としては、体毛が濃い人は薄毛になるリスクが多少高い、ということになるでしょう。

男性ホルモンの過剰分泌がAGAにつながる

男性ホルモンが多いからといって薄毛になるとは限らないという話をしました。
しかし、AGAの根っこにあるのはやはり男性ホルモンであり、男性ホルモンが多いと薄毛になりやすいのも事実です。
男性ホルモンが多いとまず、髪の毛が生まれ育って抜け落ちる過程、ヘアサイクルが狂う場合があります。
これが狂うと髪の毛が十分に成長できずに、細くなったり抜け落ちやすくなったりします。
AGAの主なメカニズムはここにあります。
その上、男性ホルモンが多いと皮脂の分泌が増えると言われます。
頭皮で皮脂の分泌が増えると毛穴が詰まってそこに雑菌が繁殖し、やはり髪によくありません。
したがって、何らかの理由で男性ホルモンの分泌が過剰になっている人は、ホルモンのバランスを整えることでAGAを軽減するチャンスがあります。

ホルモンを制御してAGAを防ごう

ホルモンバランスを整えてAGAを予防、改善するためには健康的な生活を送る必要があります。
まずは十分な睡眠をとりましょう。
ホルモンの一部は睡眠中に分泌されるので、睡眠不足になるとホルモンバランスは間違いなく悪くなります。
定期的な運動も有効です。
運動はストレス解消、血行促進によっても薄毛を軽減します。
もちろん食べ物も無視できません。
きちんと栄養をとらないと髪は育ちません。
亜鉛、タンパク質、ビタミンは特に重要と言われます。
喫煙の習慣も男性ホルモンを増やすことが分かっています。
生活習慣の改善の他、薬を使って男性ホルモンに対処する方法もあります。
フィナステリドという成分は上記5αリダクターゼの働きを阻害することで、男性ホルモンに対する感受性を下げてAGAを防ぎます。
5αリダクターゼはテストステロンを変換することによってAGAの原因となるジヒドロテストステロンを生み出す物質です。
フィナステリドの入手には医師の処方箋が必要なので、利用のためには病院へ行きましょう。

まとめ

体毛が濃い人は男性ホルモンの分泌も多い傾向があり、AGAのリスクもいくらか高いと考えられます。
男性ホルモンが多いから必ず薄毛になるとは言えませんが、AGAの原因はやはり男性ホルモンなのです。
ホルモンバランスの崩れはAGAにつながりますから、健康的な生活を送ってホルモンの分泌を整えるようにしましょう。
健やかな生活習慣は血行促進やストレス低減の観点からも髪の毛を丈夫にします。
もっと手っ取り早く男性ホルモンの働きを制御するには、フィナステリドという成分を含む医薬品を利用する手もあります。